治療は家族の協力が必要|うつ病の症状が現れたら【異変があれば即座に専門医に診てもらう】

うつ病の症状が現れたら【異変があれば即座に専門医に診てもらう】

治療は家族の協力が必要

診察

症状に合わせた治療が大事

うつ病患者は脳のエネルギー不足により脳のシステム全体の機能が低下し、心理的症状や身体的症状を引き起こすと考えられています。自然治癒力だけでは回復する事ができない状態に陥っているので、適切な治療が必要になります。この病気の主要な症状として特徴的なのが憂うつ感です。今まで楽しめていた趣味に対して急にやる気が起きなくなったり、喜びを感じなくなったりします。そして1日の内で気分の落ち込みや不安感に支配されている時間が多くを占める様になります。人によっては食欲不振や過食、倦怠感、頭痛等の身体の不調が目立つ場合もあります。この様なうつ病のサインである心と身体の変化に気づく事が治療への第一歩です。そして病院に相談にいく目安はどのあたりであるかが問題になります。数多くある症状の中の1つでも2週間以上続くものがあれば、医療機関で診察を受けた方が無難です。更にうつ病患者は判断力や決断力が弱まり、物事の優先順位が付けられない状態です。家族の者や身近な人ができるだけ早く治療を受けられる様にサポートしてあげる事が必要です。しかし本人がどうしても治療を受けたがらない場合があります。その様な時は各地域にある専門の相談窓口を利用する事ができます。家族だけでも今後の対応の仕方についての相談に応じてくれます。うつ病は症状により数多くの種類に分類されます。典型的なのが大うつ病性障害です。気分の落ち込みや漠然とした不安感が長く続きます。若年層から中高年まで幅広い年齢層の人達にみられます。そして極端に気分が高揚する躁状態が混ざるのが、双極性障害です。躁状態とうつ状態の間隔が数ヶ月から数年に及ぶ場合もあるので、診断の難しい症状です。改善したと勘違いして治療を途中で止めてしまうと症状を余計に悪化させてしまう場合があるので注意が必要です。そしてこれ等の枠にあてはまらないのが非定型うつ病と呼ばれるものです。大うつ病性障害等とは別の基準により診断がなされますが、特徴的なのが気分反応性です。自分の好きな事や興味がある事を前にすると、うつ状態から回復します。この様な症状は嫌な事から逃げているだけと周囲の人から誤解されてしまいます。そして心理的なものが原因でありながらも、頭痛やめまい等の身体的症状が目立つのが仮面うつ病です。様々な検査をしても異常は見つからず自律神経失調症と診断されるケースもあります。これ等について適切な診断と治療を受ける為には精神科を利用する事が必要です。精神科では抗うつ剤等を使用した薬物療法を中心に治療を試みていきます。

Copyright© 2018 うつ病の症状が現れたら【異変があれば即座に専門医に診てもらう】 All Rights Reserved.