うつ病の症状が現れたら【異変があれば即座に専門医に診てもらう】

体に異常がでることもある

病院

脳内環境は体にも関係する

うつ病は心の病気と言われており、精神的な症状がでることが特徴です。しかし、うつ病の症状は全てが精神的な症状だというわけではなく、体の症状としてあらわれることも珍しくありません。うつ病になった時に起こる身体的症状としては、体の痛みがあげられます。体の痛みは色々な部位にあらわれますが、多いのは頭痛や首の痛み、肩こりなどでしょう。これらのものは、色々な病気の時にでるものですし、病気になっていない時でも体調が悪い時によくでるものです。そして多くの人が体験しているものなので、病気が原因であらわれていることに気付きにくいという特徴があります。わかりやすいものであれば、体に異変が起こっていることに自分自身で気づくきっかけになりますが、頭痛や肩こり、首の痛みなどがでた程度では、病気になっているとは気づかないことが多いのでしょう。精神的なものは心の状態をあらわしていることがわかりやすくなりますが、体にでるものはうつ病だと気づきにくので、もしも体のどこかが痛み時にはうつ病かもしれないと意識してみましょう。体の痛みは他には関節の痛みや背中や胸が痛いというあらわれ方をすることもあります。体質によっては心ではなく体に変化が起こることがあるということを覚えておきましょう。うつ病は脳の中の神経伝達物質の量が減少したり、働きが悪くなったりすることで症状が起こると考えられています。原因が脳にあるために、気持ちの変化ややる気が起きないといった状態になりますが、脳内環境の変化は体にも影響を及ぼします。体の痛みという症状が起こるのは、脳の中の神経伝達物質が正常に働かないことで、痛みが抑えにくくなっていると考えられます。痛みを感じる時には個人差があると言われますが、それは同じ程度のけがをしても痛みの感じ方によって強い痛みとして感じたり、弱い痛みとして感じたりすることがあるからです。気にしていない時はそれほど痛みを感じなかったのに、気にし始めると急に強い痛みとして感じるようになった経験をしたことがある人は多いでしょう。それも痛みの感じ方がかわったということの現れです。こういったことは健康な状態の人でもよくあることですが、うつ病になると健康な時よりも痛みを感じる差が大きくなり、体の症状としてあらわれるのでしょう。うつ病は心の病気だと信じ込んでしまっていると、体の変化に気づけない可能性があるので、うつ病になった時には体にも変化が起こるということを覚えておきましょう。もしも、体の状態がいつもとは違うという時にはうつ病の危険もあります。

Copyright© 2018 うつ病の症状が現れたら【異変があれば即座に専門医に診てもらう】 All Rights Reserved.